年収1,000万への意外な近道 | 梅田ゴールデン倶楽部 スタッフ求人サイト

年収1,000万への意外な近道

『とある風俗店・チーフの告白 ~年収1,000万への意外な近道~』

年収はどれくらいあったらいいと思いますか??

そんなの、あればあるほどいいですよね。野暮な質問をしました。すみません…それでは今から、頭の中に理想の年収を思い浮かべてみてください。…はいっ!思い浮かべましたか??

世間で言われているいわゆる「高所得者層」って、定義は様々ですが大体年収1,000万円からを言うそうです。つまり、富裕層の入り口ってことですね。上を見るとキリがなさそうですが(汗)1,000万円の仕事って、どこにあるんでしょう??大企業、中でも金融系や商社、国家公務員、IT企業…?

そして、先ほど思い浮かべた年収を、年齢や立場など関係なく「今から」現実のものにしていく場合、どんな壁があるでしょうか?学歴?年齢?今までの職歴??


あなたの理想の年収への道は、遠いですか?近いですか?

当店チーフのMさんは、元々ルート営業の仕事をされていたそうです。大学卒業と同時に8年務めた会社を退職し、特にやりたいこともなかったため、時給に惹かれて次の職場が見つかるまでのバイトと思い始められたとのこと。

M「当時は何回か付き合いで風俗に行った程度だったんで、右も左も分からず…お客さんに迷惑をかけることもしばしば。当時の自分はまさにこんな感じでしたね…しかも、ちょっとでも変なところだったらすぐ辞めようと思ってましたし。」


8月某日

初日が終わった。めっちゃ緊張したし疲れた。早く寝たい。

接客向いてるんかな…サービス業ってほんまにいろんな方面に気配りせなあかんから大変。とりあえず声を出した。でも周りの先輩が教えてくれるし、みんなちゃんとした人なんやなっていうのがわかった。そこが意外やった。

けど正直、前職とは疲れの種類が違う気がする。今日は疲れと同時に「働いてる!」感がすごいある。

早く先輩みたいにカッコいいスーツ着たいな。明日、歓迎会をしてくれるらしい。


M「…で、3ヶ月くらいですかね。先輩が、ほんまに素人の自分にイチから教えてくれて。なんていい職場なんやって思いましたね。その間もお給料月30万円頂いてたんで、今思ったらすごいですよね。もちろん要所要所で緊張感はありますけど、たまにみんなでわいわいしたりとか、仕事帰りに飲みに行ったりとか。こんなこと前職であまりなかったんで。」


12月某日

年末、死ぬほど忙しい。梅田ゴールデン倶楽部ってそんなに有名店やったんやと今更気づく。けど忙しくてもソツなく対応できる自分。成長したな…(遠い目)。仕事の流れも覚えたし、電話も取らせてもらえる様になったので、隣の先輩の話術をこっそり聞きながら覚える。(えっ、そこそういうふうに言うの?!?)とかが結構ある。今日はお客さんにも覚えてもらえてたみたいで嬉しかった。そしてなんと時給が1700円に。わーい!休みの日にスーツ買いに行こう。本当は時計も欲しい。がんばる。」


M「年末年始はやっぱり書き入れ時ってやつで、忙しいけど働いた分お給料もらえますんで。サービス残業とかは絶対にないんですよ、うち。4ヶ月経ってやっと慣れてきた頃から、実はもう次の職場探すのやめました(笑)最初は、時給良いけど5ヶ月経ったらみんな同じかぁ。って思ってたんですけど、役職がつけばもっと年収も上を目指せるってわかって、じゃあまだまだいけるやん、頑張ろう!って思ったんです。自分の中でも何かが変わった頃ですね。

そして、そこから4年。 ついに役職がついたMさんはチーフとなり現在に至ります。

いまでは年収も800万円台。最近マンションの購入を検討しているそうです。

 


そして、次に目指すのはもちろん…

M「マネージャーですね。はい。バイトで入ってここまで来れる仕事って実際なかなかないと思うんです。仕事も環境も人間関係も自分に合ってるな、居場所があるなって思えるので頑張れます。もちろん、役職つくように頑張る!っていうのは自分で決めたことなんで、人によって色々と事情も違いますし、それぞれ自分だけの働き方ができる場所ですね。」

ただ、「風俗店で働いて高収入!」って、「辛く苦しい労働」のイメージ、まだまだありますよね。

だけど、梅田ゴールデン倶楽部でのここまでの道のりは決してそんな日々ではなく、働いて遊んで休んで、また働く。という至って普通の社会人の日常の積み重ねでした、とMさんは言います。

さて、冒頭で思い浮かべたあなたの理想の年収や働き方、「今から」一緒に実現しませんか?

いえいえ、年収1000万円も無理な話でないことは、これを読んでくれたならわかって頂けるはずです!

おしまい。